• モデーアとネットワークビジネス

    ネットワークビジネスによる勧誘とは似て非なるソーシャルリテールビジネス

    モデーアはネットワークビジネスの勧誘を実施しているかどうか、検証したサイトです。

     

    アメリカ発祥であるとされるネットワークビジネスは現在の日本に浸透しつつあり、その売り上げは年々増加しているとも言われています。そのビジネスの在り方をはじめ、SNSを使用した新しいビジネスを展開するソーシャルリテールビジネスについてご紹介します。

  • モデーアの歴史

    Company information

    “健康に美しく生きる”を追究した企業

    モデーアジャパン合同会社(MODERE)はアメリカ合衆国ユタ州に本部が設置されているパーソナルケア・ヘルス&ウェルネス・ハウスホールドなど人々のライフスタイルに着目した製品を企画、製造、販売をしている企業です。周りの環境から身体の内側、外側まで美しく生きることと生活を豊かにすることを目的として製品を企画しています。日本における支社は東京都港区芝公園にあり、他にも世界12ヵ国で事業を展開し世界各地にオフィスを構えています。

     

    日本では「ビジネスクロス」という、ソーシャルマーケターと呼ばれる会員が活用する事が出来る施設を運営しています。東京、大阪、福岡、沖縄…。日本各地で、それは今日も活発に運営されているようです。「ビジネスクロス」は、モデーア曰く「人、モノ、情報がリアルに集まる」場所、との事。様々なものがクロスする場所で、より多くの人が、昨日よりも幸福になる為のビジネス。それについて、が話し合われ、そして日々進歩を続けています。

     

    モデーアの掲げているフィロソフィーは「Live Clean」であり、これは<美しく生きる>を意味しています。すべての製品に共通して「安全・安心」を追求し自然由来の成分と先進の科学技術を駆使したピュアで信頼できる機能的な製品を展開しています。また自社工場では使用電力をすべて風力発電でまかなうなど、身体の内側、外側の健康や美しさのみならずきれいな環境づくりへの貢献も果たしていくことを目的にしています。

     

    環境の事を考える。言葉で言うのは簡単ですが、実際に実行する事は大変です。日本国内で、工場で扱う電力を、風力発電にしよう、という企業があったでしょうか?また、動物による臨床実験なども、それに代替できるものはないか、モデーアは積極的に探していると言います。お客様であるヒトの事も考えながら、環境の事も考えていく。環境は、私達ヒトが生活していく上で、どの土壌となる一番大切なもの。その環境づくりが行われるということは、私達の生活の基盤を支えてくれている、ということに繋がっていきます。

     

    「Live Clean」を踏まえたモデーアが実践している事は、「思いやりのある化学」。

    それは、私たちが生きているこの世界の植物や動物と言ったものも含む自然(nature)と、

    多くの先駆者達が実践を積み重ねて作ってきた科学(science)の融合を意味しています。モデーアが開発しているスキンケア商品の「モデーアWライン」は、その考えを象徴している商品と言えるかもしれません。フラバンジェノールというポリフェノールが使われているのですが、このフラバンジェノールは天然由来の成分。フランスの一部地方の松から抽出されたこの成分は、ビタミン等を遥かに凌駕する美容効果が期待できるとも。このポリフェノールを使う事により、肌荒れの原因にもなると言う「界面活性剤」を使わないスキンケア製品を実現しました。

     

    他にも、内面から綺麗になる為の健康食品も販売しています。例えば、昔からポリネシアの地で愛されてきた「ノニ」を使ったドリンク、「モデーア ハワイアンノニ」。こちらは、ファイトニュートリエントの力を体に取り込む事が出来るとあります。一説ではファイトニュートリエントは「植物活性化学栄養素」と呼ばれ、様々な効果があるとも言われているようです。モデーアではこちらの効能を法に十分配慮する為、喧伝はしていないようです。他にもノニにはビタミンやアミノ酸、ミネラルなどの豊富な栄養素が含まれています。ローヤルゼリーに比べ、その栄養素種類数は3倍とまで言われる為、「ミラクルフルーツ」としても喜ばれてきました。こうした体に効果があるとも言われる天然成分を使った食品を作り続けています。

     

    アメリカ発祥の企業であるモデーアですが、日本でも近年急成長を遂げています。その理由となるビジネスモデルを紹介します。

  • モデーアの<5P>

    マーケティング戦略

    Marketing strategy

    製品

    Product

    モデーアは、あらゆる製品を作るときにコンセプトにしている事があります。それは「クラフト」これは、何もかもを手作りするような気持で丁寧な製品造りをするという心構えを現しています。製品1つ1つの材料選びから、その製品のデザイン。そういったものに心を砕き続けています。

     

    「Pure, reliable and high-performing.」モデーアの基本理念であるLive Cleanを支える1つでもあるこの考え方は、製品にも適用されています。商品を作っていく上で、様々な仕組み造りをも進めているのです。例えば「ノーアニマルテスティング」は、その1つ。ノーアニマルテスティングとは、文字通り、「動物を使わない安全性チェック」の事。動物実験によって薬効や副作用についてテストする事は度々行われていますが、モデーアはその必要が無いと考えました。その代わり、動物を使う事の無い代替試験を行っています。

     

    サステナビリティについても尽力しています。サステナビリティとは、「持続可能性」のこと。企業がただ利益をあげるのではなく、将来的に様々なものにも配慮して、ずっと商品を提供し続けられるような状態を指します。そのためには、ヒト。そして環境などに配慮しなくてはなりません。化粧品を作るなら、その原料を作る人々も必要ですし、原料が育つ土壌となる自然にも配慮しなくてはなりません。モデーアではサステナビリティを重要視し、環境負荷を取り除く取り組みを行っているのです。

     

    モデーアで取り扱っている製品は日用品・健康食品・化粧品・家庭用洗剤など生活で使用できるものから健康や美を促す製品まで様々あります。「使わないこと」へのこだわりを持ちつつ、どの製品も「安全・安心」を追究しています。

     

    例えば、スペシャリストの間で安全かどうかの議論が交わされ、意見が分かれてしまうような成分。こちらについては、出来るだけ使用しないように努めています。パラベン類、ラウリル硫酸ナトリウム、トランス脂肪酸と言うようなものは、最先端のサイエンスに基づいて適切か不適切かを見極めています。

     

    第三者機関によるチェックでも、厳しく管理を行っています。例えばOECDは、正式名称を「Organisation for Economic Co-operation and Development」と言い、日本では「経済開発協力機構」と呼んでいます。フランスの首都・パリに本部があり、民主主義、そして経済という2本柱を支持する国々が加入している、世界的に権威のある組織です。その目的は「経済の成長」「貿易の自由化」「途上国の支援」であり、正しい市場に見合うような厳正な商品規格を発表しています。モデーアの製品の中でも、ランドリーパウダーやランドリーディタージェントなど。そういった製品が既にテストされており、その規格をクリアしているというお墨付きが出ています。外部の客観的で厳しい視点でも、モデーアは自らをテストし続けています。

    価格

    Price

    私たちが日頃何気なく使っている洗顔料やシャンプー、洗剤の中には医師や化学者が疑いを持つような成分が含まれている場合もあります。そうした成分に対してモデーアでは第三者委員会を設け成分ガイドラインを定めています。価格が少々高く設定されているのは安心で安全かつ高品質な製品を製造している為です。

     

    例えば、化学的な化合によって作られた「表面活性剤」等は、汚れを落とす「洗浄力」をあげてくれます。その為に、従来のシャンプーに多く使用されてきましたという歴史があります。勿論、直ちに肌に影響があるようなものはありません。ただ、コストが安く良く使用されている一部の表面活性剤の中には、頭皮の脂を奪い過ぎてしまう、頭皮を乾燥させてしまうというようなデメリットがあるものも存在するのです。健康な肌ならば問題無いと言われているようですが、それでもデリケートな髪の毛の事を考えると、天然由来の優しい成分を使いたいですよね。そういった利用者目線での優しい素材選択などが、高価だが品質の高い商品を生み出していったのです。

     

    また、気を使っているのは内部だけではありません。パッケージに関しても、健康を害するようなものは使わないようにしています。そのため、リスクがあるとも考えられている化学的な物質や、ビスフェノールA。こういったものを、製品を梱包するパッケージ素材に使用していないのです。廃棄によって環境問題や、健康問題になっている化学的なパッケージもあるそうです。そうした問題を避けられるのなら、多少コストがかかってしまうのも致し方ないという事でしょう。

     

    EWGと呼ばれる米国の非営利組織から、日本成人病予防協会まで。様々な組織から認められた製品が、モデーアには多数存在します。厳しい基準を満たした製品でなければ、その認証を得ることは出来ません。高い品質を生み出すためには、沢山の時間をかけて開発するしかないのです。その為に、値段が少々高価になりました。然し、そういった品質の割には寧ろ値段は高く感じない、という声も。モデーアが流通ルートの見直し等で企業努力を重ねた結果、モデーアの製品は一般家庭でも毎日使う事が出来る程度の価格を実現したのです。

     

    モデーア製品の値段を見てみましょう。例えば、毎日使うもの。食器用洗剤である「モデーア ディッシュォッシュ」ですが、こちらは480ml入りで1123円です。確かに一般の洗剤と比べると高く感じるかもしれません。ただ、こちらの製品も、モデーアの安全性や使い勝手へのこだわりが光る商品です。こちらはかなり高い「生分解性」を持つとOECDテストで証明されています。その為肌にも優しく、排水が出たとしても環境への悪影響が限りなく抑えられているようです。毎日の食器洗いがあるからこそ、荒れやすい手肌に配慮した洗剤は必要かもしれません。また、モデーアはお友達紹介、あるいはキャンペーンを通して商品が安くなり、マイレージポイントも溜まる為、そういったものを賢く利用してよりお得な買い物をする事も出来ます。

    流通

    Place

    製品を販売するにあたり、インターネットを通した直販をメインとしています。モデーアの公式ショッピングサイトではポイントを買い物に還元できるマイレージプログラムや配送料の割引、サンプルプレゼントなどオンラインショッピングならではの特典があります。

     

    現在では当たり前の事になりましたが、商品をインターネットで購入する、という事は、まだまだ浸透していない時代というのもありました。詐欺などの犯罪被害の問題もあるため、きちんとした流通を行ってくれる大きい会社が安心だ、と考えている人は、現在でも少なくありません。その点、モデーアなら、SNSで口コミなどの形ですぐに評判が分かります。モデーアを初めて使う人も、安心して利用できるというのは魅力ですね。インターネット通販は信頼のおけるお店と賢く利用していきたいものです。

     

    例えば、現在配送料の割引額は、買い物合計金額5399円以下の場合756円。5400円から10799円までの場合、378円。そして、10800円以上の買い物をした場合、嬉しい送料無料に。沖縄や北海道といった配送料が高くなる傾向にある地域にお住いの人も、纏めて購入する事で余計な負担をカットでき、その分を楽しくお買い物する予算にもできます。しかも、初回購入の場合、8100円以上の買い物で配送手数料が無料に。買い物例で言えば、モデーア商品の中でも評価が高いと言われる「モデーア I/D アドバンス スキンケアシステム」というアイテムの初回購入で送料・配送手数料無料。洗い流せる顔パックと美容液のお得なセットを手に入れる事が出来ます。

     

    こうした高い割引額の実現は、流通経路の見直しにその秘密があります。従来の商品は、使ってもらいたい製品…モデーアならば家庭用洗剤類、健康食品、化粧品類を開発しています。こうした製品を販売する為には、様々な経路を辿らねばなりませんでした。製品の開発の末、それを中間業者へ。それを更に細かい地方の中間業者が買い取り、通販業態や小売業店へ。そうした何度もある中間業者の存在がなければ小売店での販売は出来ないものですが、その分手数料が増えていたのも事実です。そうした中間でかかる手数料を、流通経路を見直して軽減したい。その分を全てカスタマーに還元出来ないか?という発想も、モデーアのソーシャルリテールが生まれた理由の1つと言われています。

     

    流通経路について考えてみましょう。自分が利用者の立場ならどうでしょうか。無事に商品がきちんと届いてくれさえすれば、別に中間流通業者の手を通して流通しているか?という点は、関係ないのではないかと思います。むしろその分のコストを素材の厳選や安全性のチェックに使ってくれた方が嬉しいのではないでしょうか。安全で機能的な製品を出来るだけ低価格で。これこそが、消費者心理が求める嘘偽りのないものだと思います。今はインターネットでの通販が一般的な時代ですから、小売店まで足を運ばない。という人も多いと聞きます。

    ターゲット

    People

    製品を製造・企画・販売をするにあたりターゲットを一般の消費者とソーシャルマーケターを対象としているそうです。このソーシャルマーケターというのはソーシャルメディアなどを通じて製品の使い心地や感動を伝える人々のことを指します。

     

    一般の消費者も含めて、ターゲットの選定を行う事は非常に重要な事です。自分達がどのように商品を作って、どのように販売し、どのような人々に使って貰いたいかを考える。そして、相手の立場にたって、相手が喜んでくれるような事を実行する。そうした事を積み重ねることこそが、カスタマー・サティスファクションに繋がっていくからです。

     

    上記で説明しているソーシャルマーケターには2種類のタイプがあるのです。ひとつは、自分がモデーアの商品を使い、そのレビューを送り届けて紹介する「プロモータータイプ」。そして、もうひとつがビジネスという視点を持ち、業務を自ら作っていく「ビルダータイプ」。この2種類のタイプの人々が、お互いの価値観を共有し、より品質の高いビジネスを展開していけるようにする。それが、モデーアの考えるビジネスの本質でもあります。

     

    ソーシャルマーケターは、具体的には一般的なソーシャルメディア…例えばTwitter、Facebook、Line、Instagram、mixi、カカオ。多くの人が利用しているSNSを使って、製品を多くの一般消費者に伝えます。ソーシャルマーケターは、自身もまた消費者。モデーアの商品を愛用している人ばかりです。だからこそ、自分の好きな商品の感想をありのままに呟くだけで、それが自然で魅力的なマーケティングに繋がってゆきます。そういった意味では、ターゲットはすべての年齢層の人々と言えるかもしれません。ソーシャルマーケターの知り合いや友人が、ソーシャルマーケターの商品の感想を見て、少し買ってみようかな、と商品に興味を持って貰う。理想的な販売と購入の関係を築くことが出来ます。

     

    その為には、ソーシャルマーケターとしての立場だけではなく、多くの人とSNSでコミュニケーションを取っていく一参加者だという事を忘れてはいけません。早速ビジネスだ!と、流れを考えず、コミュニケーションを一方的に図ろうとしてしまった場合、それはもはやソーシャルリテールとは言えません。SNSにそれぞれあるルールやマナーを守りながら、他人を不快にさせない・そのSNSで一参加者として楽しむという気持ちも大切です。色々な人とやり取りを楽しみながら、自分の生活の一部としてモデーアの商品の口コミをSNSで発信する。そうすることで、SNSで出来た知人や友人に、ナチュラルな形で商品をお勧めする事が出来るのではないでしょうか。

    プロモーション

    Promotion

    SNSやソーシャルマーケターの口コミなどを中心にプロモーションをしているようです。製品の良さを口コミで伝え広げていくことにより、より多くの人々の手にモデーアの製品が行き渡るでしょう。また、テレビのCMや雑誌などでも宣伝を行っています。

     

    モデーアのプロモーションが最初に掲載された雑誌が、「MAQUIA」です。MAQUIAは女性の為の美容雑誌で、数々の雑誌販売を行っている、あの集英社が発行しています。美容に関するお悩みを解決してくれると話題のMAQUIA。美容に敏感な女性達に愛読されているその本に、モデーアの商品である「モデーア Wライン」のタイアップ広告が掲載。多くの人の注目を集めたのだそうです。

     

    モデーアのCMが放映されたのは、FOXチャンネルというところです。話題となった海外ドラマや映画、野球の公式戦など、魅力あるコンテンツを多数放映しているチャンネルなのです。メールマガジンからプレゼント企画、イベントなども行っており、多くの人を虜にしています。そんなFOXチャンネルで、モデーアの製品をモデルさんが使用する日常シーンを描いたCM。非日常のとっておきの体験ができるエクスペリエンスモデーアのCMの2本が放映されていました。

     

    SNSにおいて、ソーシャルマーケターの商品が気になって購入した場合、互いに割引で商品を購入する事が出来る、と言ったようなサービスも、プロモーションの1つと言えるでしょう。モデーアの商品を使ってみた、新商品が良さそう、と言った実感を持った意見。そんな共感性の高い「実体験」こそが、モデーアの最大のプロモーションと言えそうです。また、CMに関しても映画館での放映が実施された事があります。モデーアは少しずつ、私達の生活に自然に親しみ、身近な所に親しまれてきています。

     

    また、モデーアのプロモーションは、日々多様性を増していく・ブラッシュアップされていく可能性を秘めています。何故なら、モデーアのメインの販路を担うソーシャルマーケターは、新しいSNSが出る度に、そちらでも活動する可能性がある為です。現代社会では、若い世代を中心にSNSは活用され、新しいSNSも次々と立ち上げられています。そのSNSのマナーやルールに即した、新しいタイプの魅せ方が生まれていく可能性があるのです。新しいSNSが生まれるたびに、新しいソーシャルリテールのターゲットが増えていく。ソーシャルマーケター同士で意見を交換する為の施設等もあるようですから、場が増える事。そして、意見交換による更なるマーケター達のスキルアップ可能性は確実に存在すると言えるでしょう。

  • モデーアで展開している

    ソーシャルリテールビジネス

    Social retail

    新たなビジネス

    Business

    ソーシャルリテールビジネスは世界でも新たなビジネスの形として注目されています。近年アメリカでこのビジネスモデルを用いたことにより売り上げが10倍に伸びた実績もあるそうです。

     

    ビジネスモデルによって、売上が10倍以上伸びる、というのは、ちょっと驚きの結果ですね。ビジネスにおいて、マーケティングを行ったうえで戦略を考え、どのようなモデルで勝負していくかという事を考えたとき、中々「売り上げをまず10倍にしよう」と考えることは無いと思います。着実にまずは2倍に、という辺りが現実的と言えそうですが、それだけソーシャルリテールが優秀なビジネスモデルと言えるのではないでしょうか。

     

    SNSを用いたビジネスというものは、日本は他の先進国に比べれば遅れている、とも言える現状にあります。ソーシャルショッピングビジネスの始まりの地であるアメリカでは、既にSNSを活用してマーケティングを行う人、というのが、職業として確立されているくらいです。ソーシャルメディアマーケター、ソーシャルストラテジストなどの名前で募集されているようですね。日本では数少ないですが、アメリカでは3000件以上の求人があり、広告代理店などで活躍しているようです。

     

    もともと対面販売のビジネスだと思われがちかもしれませんが、ソーシャルリテールビジネスはオンライン上での口コミをべーすとしたビジネスになる為、そういった手間がかかることもありません。そして、日本で先駆けとなったのがモデーアになります。モデーアでは一般のオンラインショッピングに加え、新たなビジネスとしてオンラインでのソーシャルリテールを事業として採用しました。

     

    オンラインショップからの商品の購入も出来ますし、ソーシャルマーケターのおすすめレビューを見て気に入れば、ソーシャルマーケターの紹介から購入をする事も出来ます。ソーシャルリテールの良い所として、全てがすべて旧来のビジネスシステムを採用せず、ただ新しいシステムだけを使っている。というのではなく、昔からある優秀な仕組みはそのままにしながらも、カスタマーにもマーケターにも優しい新しい仕組み造りもしている、いわば良い所取りをしている所があるようです。SNSによるソーシャルマーケターのレビューという仕組みからしか商品が購入出来ない場合、お客さんと出会える間口が減ってしまいます。ですが、オンラインショッピングという窓口もある為に、多くの人が馴染んだショッピング方法でも、商品を購入する事が出来ます。

     

    新しいビジネスとしてソーシャルリテールを導入したモデーア、口コミを通して紹介した側と購入した側、双方にメリットが発生する仕組みになっています。

     

    メリットとしては、やはり上述したように、商品をお互い割引で購入できるようになる事。愛用商品をおすすめし、それを気に入ってくれた人が商品を購入した後、割引で買う事が出来るのは嬉しいメリットの1つですよね。他にも、自分のグループから手に入れる事が出来るボーナス。製品を紹介した人が商品を購入してくれた時に貰えるボーナス。モデーアから、商品をダイレクトに購入した人たちの売り上げ結果の数%を残しておき、モデーアが設定した条件に合致するソーシャル・マーケター達全員でそれを分けて得る事が出来るボーナスです。商品を買ってもらった時だけのボーナスではなく、条件に合致すれば会社の売り上げからもボーナスが貰えるのは、やはり大きいメリットと言えるのではないでしょうか。

    口コミによる広がり

    Communication

    ほとんどの人がネットショッピングで商品を購入する中、口コミやレビューを見て購入の意思決定をするユーザーも増えてきています。Amazonなどのレビューもその一つといえるでしょう。商品に対する自分の感想や感動を口コミにより広げ、その商品に興味を持った人が購入をする、これがソーシャルリテールの流れになります。

     

    そういう意味では、ソーシャルリテールは過去から私達がずっとやってきた、いたって普通の行動をブラッシュアップし、ビジネスモデルに落とし込んだもの、と言えます。知人や友人が「これが良かった!」と言っていた商品に関しては、多くの人が一般的な広告よりも、より信頼できる情報として受け取る傾向にありました。それを抜き出したのがソーシャルリテールというわけです。

     

    こうした口コミによるコミュニケーションの伝達力が年々インターネットの進化により急成長しています。結果的にソーシャルリテールビジネスの普及率も今後上がっていくことが見込まれます。

     

    色々な販売サイトで、評価の☆マークや口コミという形をとりながら、インターネットを通したコミュニケーションが行われています。販売側のプロモーションの文言などを見て、お店を選ぶのも良いでしょう。ただ、やはり実際に体感してみた人の言葉もレビューの形であると、より情報の客観性が増しますよね。昨今では、赤ちゃんの頃からタブレットに慣れ親しんでいるという人もいる時代。携帯などから気軽に見られるインターネット上の口コミの利用率はあがっていくのではないでしょうか。

     

    ソーシャルリテールは別名「ソーシャルショッピング」とも呼ばれており、人々の口コミ・レビューを参考にできる点を最大限に活用したビジネスです。レビューを見る事によって安心して買い物が出来るという気持ちは、過去、現在、そして未来に至るまで変わる事はないでしょう。その結果、ソーシャルリテールの普及率は高い成長カーブを描いているのです。「Airbnb」や「UBER」というサービスもソーシャルリテールの一種ですが、全米で大ヒットを博しました。旅行者、そしてホストをマッチングする事を可能にしたAirbnb、タクシーを配車できるUBER。いずれも、レビューを確認することで、安全性やサービス品質の高さなどを一目でチェックできるのです。客観的なレビューを自分の目で選び取り、信頼性の高いと思われる情報を得てショッピングを楽しむ事が出来ます。そうした点が、現在の普及率上昇の要因と言われています。

     

    商品を購入際に重要視されている口コミ、レビューを利用したビジネス、モデーアではソーシャルリテールとして導入しています。さらに、会員によるソーシャルリテールについて、シフティングリテールという独自のプランを設定し、購入者にも口コミ発信者にもメリットになるシステムとなっています。

     

    では、その口コミやレビューを、どうやって伝えていくか。これは、前述した通りに「SNS」の出番です。SNSは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略称であり、様々なヒトとインターネットを通して繋がる事ができるもの。TwitterやFacebook、インスタグラム、Line等、有名なものも沢山あります。そういったSNSを使って、自分の口コミやレビューを他の人に伝えていくというのが、このソーシャルリテールの基本。つまり、写真や自分自身の意見を書き添えて、SNS上に商品のレビューを投稿するのです。それも、本当に自分が気に入り、使っているものだけを。自分自身の嘘偽りのない本当の気持ちこそ、それを見ている他の人にも伝わり、購入に繋がっていくのです。

    ソーシャルマーケター

    SNS

    モデーアではソーシャルリテールという革新的なビジネスモデルをいち早く導入していることでも知られています。また、ソーシャルマーケターのみ使用ができる【シフティングリテール】という名のサイトを立ち上げ、各マーケターに対して注意事項や特典についてなどを記載しています。ソーシャルマーケターとしてSNSに投稿する際は登録が必要になります。その中で3つのステップを掲げています。

     

    ①興味をもってもらう

    ②たくさんの人に会う

    ③ひとつの成功がさらなる成功を生む

     

    興味をもってもらう、ですが、これはあらゆるビジネスにとって必要な事だと言えそうです。まず、手に取って貰ったり、コマーシャルを見てもらったり。あるいは宣伝チラシや、パッケージの説明文などを読んで貰って、ようやく商品の良さを伝えるスタートラインに立つことが出来ます。それを踏まえて考えてみると、ソーシャルリテールは運用しやすいと言えます。自分のSNSをフォローしてくれている人は、自分と趣味などが近い人という傾向があります。そのため、自分が好んで使用する商品を、誰かにも興味をとって貰いやすいのです。

     

    たくさんの人に会う、という事ですが、これは思ったよりも難しく、また思ったよりも簡単な事であると言えるでしょう。どういう事かと言えば、人と出会う事自体はとても楽しい経験である場合が多いからです。人生において人は孤独な時間だけではなく、人と関わる時間が必要です。半面、人と出会うという事は、時間というコストを多大に使う事にも繋がります。そのバランスを考えなくてはなりません。

     

    製品の良さをシェアしていくことでビジネスの成功に繋がると考えているそうです。

     

    ソーシャルマーケターは誰でもなることが可能です。ただし、ソーシャルリテールを始める際に条件やルールがあらかじめ提示されています。

     

    その為、掲示された条件を見る事で、自分がソーシャルリテールを始められるかがすぐ分り、安心してソーシャルマーケターとなる事が出来るのです。そんなソーシャルリテールは、何故選ばれ続けているのでしょうか?その理由には様々ありますが、1に革命的なビジネスモデルであること。2にモデーアのサポート体制が関係しているでしょう。前者は、上述した通り、今までには無かったまったく新しいビジネスモデルだと言う事です。ネットワークビジネスのネガティブイメージを生み出す原因となりやすい対面式の勧誘を不要としたことで、無理な勧誘や買い込みの強制などをはじめとする、心無いビジネスが限りなく発生しないビジネス環境を整えました。

     

    後者は、モデーアがこのソーシャルリテール、そしてそれに携わるソーシャルマーケターをどれだけ熱意をもって支援しているか、という事です。モデーアは、自らのブランディングに尽力する事で、自社はもちろん、ソーシャルマーケターのプロモーションも円滑に進むように活動しています。モデーアは、従来のスタイルとは違い、コマーシャル等も効果的な場所で放映されるようにしているようです。「ユナイテッドシネマ豊洲」や「イオンシネマ」で、モデーアに関するコマーシャルが放映された事があります。コマーシャル放映場所を絞る事でコストを最低限に抑えつつ、需要の多そうな場所に放映するという方法をとる事により、最大限のプロモーション効果を生み出そうとしています。

  • ネットワークジビネスとの違い

    MLM

    混同されやすいネットワークビジネス

    Multilevel marketing

    ソーシャルリテールビジネスと混同されがちなのが、ネットワークビジネスです。ネットワークビジネスは主に「勧誘」や対面における「口コミ」による製品購入を促すビジネスとなり、ソーシャルリテールビジネスとは異なります。

     

    ソーシャルリテールビジネスのメインフィールドは、あくまでソーシャルネット。人と人との繋がりが大切というところは同じですから、その部分が混同されてしまいがちな一因となっているのかもしれません。口コミを相手に伝える事はあっても、それは誰かを呼び出したりして声をかけたりするものではありません。自分のSNSのアカウントを見てくれている人へと宣伝をするものです。SNSは基本的に誰とネットワークを通してコミュニケーションを取るか?という事は、やっている人の自由です。関係を変え辛い実際の人間関係とは少し違います。

     

    人と人との関係に依存しているマーケティングになっている為、製品の良さを伝えるより報酬、自身の収入などビジネスプランを優先的に考えている傾向があります。その為、ネットワークビジネスはセミナー参加や知人紹介など根気強くやっていくことが多く、全体的にネガティブなイメージがつきやすいです。

     

    ネットワークビジネスは対面型という事もあり、実際にかかった移動コストや時間的コストを考えると、ビジネスが失敗したときに取り返し辛いというのも、ソーシャルリテールとは大きく異なる点です。例えば、ビジネスに誘いたい人間をセミナーへ誘い、食事会で食事をし、ビジネスの話をしても興味を持って貰えなかった場合、その日にかけたコストは赤字となってしまいます。ソーシャルリテールビジネスは、人とお話をする所は変わりませんが、話すとしてもソーシャルメディアが基本軸。インターネットを通して会話するから、万が一ソーシャルマーケターと噛合わない事があってもすぐに断る事も出来るし、対面ならではの圧力を感じる事もありません。

     

    ネットワークビジネスについて、やや問題となるような行為をしてしまう人が現れてしまった事については、やはり様々なコストによる取り返しのつかなさという、上述した問題があげられるでしょう。自分がビジネスをやっていて、長い距離を移動したり時間を使ったりしてビジネスが失敗しそうになった時。つい、慌ててしまう、という事もあるのかもしれません。

     

    また、ソーシャルリテールの良い所として、そのソーシャルマーケターが自分と波長が合う人間か?という事が分りやすい、という点です。ネットワークビジネスの場合、飲み会やセミナーなどで一緒になり、あまりその人の事を良く知らない状態で、ビジネスの話に入るというケースも多いと言います。ですが、ソーシャルリテールの場合、基本的にはその人のSNSアカウントを見る事が出来ます。SNSアカウントを見れば、その人が普段どんな人柄で、どんな行動を行っている人なのか見る事が出来ます。「この人なら安心して購入できるか」というチェックが、そのSNSを見るだけで判断しやすくなるのが大きな利点と言えるでしょう。他の人とのビジネス的なやり取りを参考にすることも可能かもしれません。

    ビジネスの違い

     

    Difference

    ソーシャルリテールビジネスはSNSを通して流通を図っていくビジネスになります。ソーシャルマーケターから直接販売することはなく、情報をシェアするという形で製品と人を繋げていく為、購買者が製品に対する興味がなければ商品購入に繋がることはありません。気に入った製品をオンラインで紹介することで紹介された側もされた側も割引が受けられるというサービスです。

     

    その割引率についてみていきましょう。まず、友達は5%か、10%の割引を受ける事が出来ます。それを決める条件は、どれぐらいのショッピングをしたか?というところです。例えば、5400円以上の買い物をしたら、5%の割引を受ける事が出来ます。10800円以上の買い物をした場合、なんと10%の割引を受ける事が出来るのです。そして紹介したあなたの場合は、いつでも好きなタイミングで、その割引を適用することが出来るのです。

     

    例えば11000円程度買い物をしたとしましょう。割引率も高くなるし、色々な商品をまとめ買いして備蓄しよう、と思ったのかもしれません。ただ、1万円を超える買い物ですから、やはり買い過ぎてしまったかな?と思うかもしれません。そんなときにこの割引率は、小さな喜びを与えてくれます。なんと、10%の割引が受けられるので、9900円で済むのです。1万円払えばおつりが帰ってくるキリのいい数字ですし、ぐんと安くなって助かりますよね。

     

    ネットワークビジネスの場合、勧誘した側に対して勧誘された側はマイナスなイメージを抱えることがほとんどだと思われます。人間関係に亀裂が入ってしまい、友人を失ってしまったという声も少なからず聞きます。

     

    「金儲けの為に呼びつけられたのか」と、ネットワークビジネスと聞いただけで嫌悪感を示す人もいるとか。これは、ネットワークビジネスについて、正しくない誘い方をしてしまっている人も多い所為だと言われています。本来であれば、ネットワークビジネスは「こういったビジネスがあるから、来てほしい」とその目的等を明らかにしてから、人と対面しなくてはならないというルールがあるようです。然し、それは有名無実で、そうしたルールを破ってしまう人も存在するからこそ、今日のネットワークビジネスの悪評に繋がっているとも言われています。既にネットワークビジネスはネガティブイメージがついてしまっている事から、本当にルールを守ってビジネスを行いたいと思っていたとしても、そのイメージのせいで疑われ、関係を解消されてしまう事まであるようです。

     

    人間関係ありきであり、その繋がりの力によって、購入者にも販売者にも利益があると言われているネットワークビジネス。それは、ソーシャルリテールも同じです。ですが、ネットワークビジネスは、既に多くの悪い噂が立ってしまいました。ネットワークビジネス自体には問題は無く、それを悪用する人間のせいでしょう。ネットワークビジネスをしている人の多くは、友人を失いたい、大切な知人と喧嘩別れをしたい、なんて思いながら、ビジネスを始めたわけではないのでしょうが、そうした噂がある事は事実です。

     

    しかし、ソーシャルリテールビジネスの場合は強引な勧誘は一切なく、口コミを通して製品の評判を伝えていくビジネススタイルです。製品の使い心地に納得しない場合は口コミを書かなければ良し、口コミを見て惹かれなければ購入しなくても良いのです。

     

    このような点を踏まえ、対面での口コミや勧誘に依存したネットワークビジネスとは違うビジネスといえるでしょう。

  • モデーアとマルチ商法

    モデーアとマルチ商法の関係を考えてみました。マルチ商法とはMLM(マルチレベルマーケティング)と世間で呼ばれているピラミッド型のビジネスモデルです。店舗をもたない代わりにディストリビューターと呼ばれる販売員が人を勧誘し、商品購入者を増やしていくことで報酬を得るシステムになっています。ピラミッドの上位にいる者から多く収入を得ることができます。ビジネス自体は合法とされているものの、過度な勧誘行為により本来の意志とは違ったモノを買わされてしまう被害実例が多くあるようです。そういったケースを回避する為に法律で取り締まっていると言っても過言ではありません。

     

    モデーアは、モデーアでソーシャルリテール・ビジネスをしたいという全ての人に、最初にハンドブックを配っています。そのハンドブックには、守るべき法律や、気を付けるポイント、マナーなどが書かれているのです。法律は無数にありますから、ビジネスをしていれば気を付けたいものも当然あります。そういったものを事前にきちんと周知してくれるのは有り難いですよね。公式ホームページから見ることも出来ますから、きちんとコンプライアンスを守りたい、という人にも、モデーアはうってつけなのかもしれません。

     

    マルチ商法に関わる法律としては、有名なものが2つあります。それが、「訪問販売等に関する法律」と、「特定商取引に関する法律」です。後者は「特定商取引法」と呼ばれています。訪問販売等に科関する法律は、1976年に施工されました。定義するのは難しいですが、いわゆる世間一般のマルチ商法のものを法的に定義し、それに関わるビジネスが規制される事になったのです。その後、特定商取引法などに規制が強化されることになり、かなり厳格な規制が敷かれることになったのです。

     

    マルチ商法の被害は、法律で取り締まった後も、残念ながら0になるとまでは行きませんでした。マルチ商法が、多くの人によって愛され、受け入れられていたからこそ、悪用しようという人の目にも多く止まってしまった。そんな一面により、被害が様々な種類あったのも、イメージを悪くしてしまった原因かもしれません。過度な勧誘に始まり、本人の責任能力では耐えられないような量の商品を、借金をしてでも買うように強要すること。粗悪な商品を販売する会社などがあった為に、マルチ商法そのものは悪くないものですが、イメージが悪くなってしまったビジネスモデルなのです。

     

    モデーアがこのビジネスモデルに当てはまるかと言ったら、それは違うと言えるでしょう。勧誘ではなく、口コミによる情報発信を元にしたソーシャルリテールビジネスはマルチ商法とは異なります。

     

    ソーシャルリテールビジネスは対面型ではなくSNSを利用した口コミにより購入者数を増やすビジネスになります。口コミといっても強引に作り上げた架空のものではなく、購入者が商品を使った感想を率直に語るものになっています。それを見て自分も試したいと思った純粋なユーザーが商品を買い、口コミを発信した側、見て買った側にもお得なポイント等が付与される仕組みになっているそうです。

     

    会員になり、きちんとモデーアのディストリビューターとしての立ち位置を公表しなければポイント等の付与はされません。そういった点でもネットワークビジネスとは異なるのかもしれません。また、未成年の会員は保護者の同意が必要となります。保護者の承諾がなければ未成年者は会員になることはできません。

     

    モデーアのディストリビューターであるソーシャルマーケターは、モデーアによって厳格なルールを課されています。と言ってもどれもビジネスをする上では当たり前のマナー、法律の範囲内の事ばかりだそうです。ネットワークビジネスがネガティブなイメージのものとして取り沙汰されたのは、ディストリビューターがコンプライアンスを守らなかったことがその一因と言えるでしょう。モデーアはそういった事を防ぐために、あらかじめそういったルールを定め、ソーシャルマーケターが理解しやすいようなルールブックを作成・配布しています。シフティングリテールというソーシャルマーケター専用サイトで、そのルールブックをpdfファイルで読む事も出来るため、すぐに確認する事も出来るから、ルールがふと忘れてしまった時にも安心してビジネスを行う事が出来るそうです。

     

     

    勧誘と口コミ

    ネットワークビジネスとソーシャルリテールビジネス、この二つは一見似ているように思えますが、人と人を繋いでいく方法がそもそも違います。ネットワークビジネスは合法とされていますが、その手法は人によりけりで一部の人による強引な勧誘により問題視されているようです。購入者の意志を無視し、ビジネスについてもはっきりと確信を得ない説明をしたことにより、本来会員になるはずではなかった、という被害者がいます。そういった点でネットワークビジネスによる勧誘被害は問題視されているのです。

     

    ネットワークビジネスは、とにかく多く勧誘を、という指導をするところもあると言います。多くのネットワークビジネス会社は正しい指導をしており、コンプライアンスをきちんと守っているところなのですが、その一方ではそのような心無い人々もいるのです。そうした勧誘数第一主義の勧誘指導が、強引で、マナーを守らない勧誘方法に繋がってしまうとも言われています。ネットワークビジネスのようなスタイルだと、売る相手や、同じくビジネスを志とする人が身近にいなければ利益が出づらい一面もあるため、そういった事に繋がってしまうのかもしれません。

     

    ネットワークビジネスは、とにかく多く勧誘を、という指導をするところもあると言います。多くのネットワークビジネス会社は正しい指導をしており、コンプライアンスをきちんと守っているところなのですが、その一方ではそのような心無い人々もいるのです。そうした勧誘数第一主義の勧誘指導が、強引で、マナーを守らない勧誘方法に繋がってしまうとも言われています。ネットワークビジネスのようなスタイルだと、売る相手や、同じくビジネスを志とする人がいなければ利益が出づらいので、利益偏重な会社は、あるいは極端な指導をしてしまっているのかもしれません。

     

    一方、ソーシャルリテールビジネスは対面型のビジネスではありません。SNSなどを使用した口コミのビジネスです。ビジネスとは名ばかりで、良い製品でなければ口コミは成り立ちません。最初から買うつもりではなかった、という被害は出ず無理やりな勧誘もないのが特徴です。その為、ソーシャルリテールビジネスでの被害はありません。

     

    TwitterやFacebookと言った代表的なSNSを考えてみてください。そうした場所で、例えば誰かが自分が使っている整髪料の事を褒めていたり、使い勝手がいい!と他人に勧めていたりしたとします。それは、ビジネスで無くても普通に行う事ですよね。1歩進んで、モデーアのビジネスを楽しんでいる人が、ビジネスをやってみないかと誘ってきたとします。正しくルールを守って勧誘をした人には、興味があれば話を聞けばいいし、無ければ断ればいいのです。対面型のネットワークビジネスの場合、断り辛い雰囲気を作るというような人もいるようです。ただ、インターネット上のやり取りならそうした威圧感を感じることなく、無理な勧誘をしてきた人とは連絡を取らないよう対処することも簡単ですよね。ソーシャルリテールの被害がないというのはそういった点も関係しています。

     

    勧誘と口コミは近い位置づけに見えがちかもしれませんが、勧誘は対面型であり目的を話さず本人の意図に反して行われることがほとんどだと考えられます。口コミの場合、購入した商品を実際に体験して感じたことを書かなければ口コミを見ただけでは購入には繋がりません。

     

    「この商品を使ったことはないですが、かなり良さそうな商品です!」と言われるのと、「この商品を使ってみた結果、私はこのような部分が良いと思いました。このような意味があるなと思えましたというような2つの場合、やはり実体験したものの方が伝わりやすいですよね。美味しいお店のメニューを見た、写真を見た!というものと、お店の自慢のメニューを食べてみた、という事では、説得力が違ってしまいます。これは、色々なものに同じことが言えるのではないでしょうか。

     

    例えば、化粧品等は特に、実際体感した口コミが喜ばれるのではないでしょうか。化粧品の成分をただ並べられて「体に良い、今安い」というような文言が踊っている広告は、魅力に乏しい部分も生まれてしまいがちです。それに比べて、口コミで例えば、「肌荒れが冬なので気になっていたが、使っていく内に馴染んでいき、肌の艶が変わったように感じました。」「毛穴が気になっていましたが、この化粧品でお肌が滑らかに見えるようになりました。」というような口コミがあると、自分はどうだろうか?その化粧品があっているだろうか?と想像しやすいですよね。

     

    口コミの書き方もルールがあり、購入者を増やすだけの考えで情報を発信することはできません。ルールを守りつつ純粋なカスタマーを増やしていきます。

    口コミもモデーア側で強制的に書かせるようなことはなく、購入者が自らの意志でSNS上にて発信する仕組みになっています。その際、モデーアのディストリビューターということをきちんと提示しています。
     

    ネットワークビジネスの勧誘による被害

     

     

     

    現代ではネットワークビジネスが世の中で一般化され認知度も高くなりました。合法とされるこのビジネスですが、問題は山積みなようです。そもそもビジネスに対する法の取り締まりが厳しいのも問題が起こりやすいことを示唆しているからなのかもしれません。ネットワークビジネスでは対面で人を勧誘するのが手法になっています。その際、ビジネスであることを伝えずあたかもその人の為を思って勧誘し、結果として誘われた方は被害を受けるケースがあります。お互いが合意の上で成り立つビジネスでありながら、こういったケースは後を絶ちません。

     

    ネットワークビジネスの根本的な例として、直接人に会って話をして勧誘させるパターンがあります。これは喫茶店やセミナーなどを利用して行われることが多いです。集団で取り囲んでいくことが多いようです。“これはネットワークビジネス”ということを相手側に伝えずに事を進めていく点に問題があるようです。結果として、気づいた時には自分も会員の一人になっていたパターンがあります。

     

    「まさか自分が」、と思う人ほど、こういった勧誘に引っかかり易いとも言われているようです。それはその人が悪いのではなく、「自分はそういった事にはならない」という油断に、巧みにつけこもうとする、悪意のある勧誘者が存在しているためです。そういった勧誘者は、何度も勧誘行為を行っているため、違法な勧誘行為に手慣れている可能性があります。また、ネットワークビジネスの勧誘を受けているということは、何かしらの形で得た知り合いの筈。そのため、やはり誰でも気を許してしまっている部分もあるのです。そして、出向いてみると囲まれている、というパターンも。

     

    集団で取り囲む、という事は、威圧感を与え、断り辛い雰囲気によって、相手に商品の購入や契約を迫る事にも繋がります。しかも、喫茶店やセミナー等の場所にもよりますが、場所によっては帰り辛い密閉空間で行われることもあるようです。喫茶店は色々な人がいるので安心できるようにも思えますが、悪質なケースもあります。これから勧誘する相手を奥まった席に座らせ、それを取り囲むように座る事で、わざと帰り辛くなるようにする。というケースもあるようです。

     

    ネットワークビジネスの売り上げは日々伸びている傾向にあります(月刊ネットワークビジネスより)ビジネスとして日本ではまだ一般化されていないように見受けられるかもしれませんが、売り上げ自体は伸びているのです。そういった中で、ビジネスとして認められているにも関わらず、勧誘という形で被害が増えている状況があります。

     

    その背景には、やはりマーケット自体が大きくなってきている、という事も関係しているでしょう。2014年、日本におけるネットワークビジネス業界の売上高は、なんと9135億円!最近は業務の委託化・一括化で需要が高まっているコールセンター業界や、最近は色々手軽に出品できるアプリも登場して盛り上がっているネットオークション産業、人間ドック産業、学習塾産業等と肩を並べる売り上げに成長しました。そうした規模の巨大化が、良いディストリビューターが増える半面、悪いディストリビューターの更なる参加にも繋がり、勧誘等の被害が更に広がってしまったという一面もあるようです。

     

    ネットワークビジネスが問題視されているのではなく、相手を囲い込むような勧誘方法や意志を無視した手法が問題視されているのが現状です。その為、残念ながら一般ユーザーから見た際にネガティブに映ってしまうのです。こういった面が今後なくなっていけばネガティブなイメージは払拭されていくのかもしれません。

     

    モデーアにおいて勧誘の被害に関する情報がありますが、これは一部のユーザーによる勧誘に似た誘導が問題になっているのかもしれません。きちんと形で実施をすればネットワークビジネスは合法とされています。ルールを守らず、趣旨を説明していない結果、このような被害実例が生まれるのかもしれません。

    勧誘による一般的な被害例

    ネットワークビジネスでの被害例には共通点があるようです。久しぶりに連絡が来たと思ったら大人数の飲み会やイベントに参加することになり、定期的にそういう集会が増えることになります。そして、ネットワークビジネスという言葉を聞かないまま、会員になり自分が勧誘する立場になっていた、というのが多いようです。会員になった際は自分が購入した製品の分の金額を稼ごうと勧誘を多くおこなうことになります。そして被害が連鎖していくようです。

     

    被害を受けた人も、最初はその被害を受けたことに気付かないまま、他人を勧誘してしまう、というパターンもあるそうです。それが正しい指導を受けているネットワークビジネスならば問題ないのですが、悪意的なネットワークビジネスの勧誘を受けて、それをそのまま行ってしまった場合、新たなる被害者を生み出してしまう事になるのです。被害者が次の被害者ともなりえる人を勧誘してしまう可能性があるというのが、勧誘被害の恐ろしいところと言えるでしょう。

     

    ネットワークビジネス=マルチ商法は日本国内では合法とされています。

    しかし、一部の方々による強引かつねずみ講まがいな勧誘行為により被害者が出ているのは事実です。人と人を繋いでいくビジネスとしてネットワークビジネスは代表的ではありますが、その分トラブルも相次いでいるように見受けられます。

     

    ネットワークビジネス、マルチ商法と呼称されるものは全て合法ですが、今名前の出たねずみ講は犯罪です。別称「無限連鎖講」と呼ばれるもので、ねずみ算式に規模が増えていく事から名前が付けられたとも言われています。ねずみ講は「無限連鎖講の防止に関する法律」という法によって固く禁じられており、ねずみ講を始めたものは3年以下の懲役刑罰や、300万円以下の罰金刑になることもあり得るのです。ねずみ講は色々な歴史から見ても取りやめるべきものであり、それと似たような勧誘行為が控えるべきなのは明らかです。

     

    被害例のほとんどはネットワークビジネスを知らないまま会員になっていたケースです。こういった場合、本来であればネットワークビジネスの仕組みから教えるべきですが、相手側の警戒を解く為に、将来の理想図から入り今後ビジネスの仕組みが変わってくるという説明を踏んでから企業へ囲い込みをしていくようです。ビジネス自体が合法であったとしても、やり方を見れば不快に思う人は多くいるはずでしょう。

     

    こういった中で対面型だけではなく、現在利用者が増加し続けているSNSでも勧誘まがいな行為が増えてきているようです。以前流行していたmixiから始まり、Twitter、Facebook、instagramにも広がっています。リアルな知人からオンライン上の知人まで、ここでもネットワークビジネスと出さず“良い仕事がある”“私はこれで人生が変わりました”など、根拠のない台詞をかざしユーザーに呼びかけることがあります。甘い言葉に惑わされず、冷静に判断すれば被害者にならずに済みます。SNSの使用もしっかりとルールを守ることが重要です。

     

    SNSには、暗黙の了解という形の所謂「マナー」と、SNSごとに定められたルールが存在します。マナーは、少し考えればわかる事ばかりです。SNSにもよりますが、初めてコンタクトをする相手には挨拶をする。見知らぬ人の会話に急に割り込まない、無意味な写真を急に送り付ける、迷惑な時間にメッセージを送り続ける…等は、マナーの面で、あらゆるSNSではしない方が無難だと言われています。そしてSNSごとのルールでは、例えばTwitterでは「すべてのツイートと、それにより被害が出た場合、それはツイートした人が責任を持つこと」というものがあるのです。つまり、例えばTwitterで無理な勧誘をするような事はマナーにも反していますし、その行為でもし被害が出た場合、それは全て本人に帰ってくるという事になります。ルールを守って使わなければ、SNSは意味がないものになってしまいます。

     

    勧誘による被害は一部の人間によるものだと考えます。会員による行動規範は提示されており、それに基づきソーシャルリテールを実施しているはずです。ネットワークビジネスまがいな被害が多発しているのはこういったルールを破る人間がいるからだと考えて良いでしょう。

     

  • モデーアの製品紹介

    Product

    ハウスホールド製品(家庭用洗剤類)

    Laundry

     

    モデーアで扱っている家庭用洗剤類の代表的な商品はランドリーデタージェント(石油系成分や硫酸塩を含まない)です。洗濯後の排水が自然な状態へ戻る高い生分解性を重視しており、酸素系漂白剤が配合されています。OECD規格テストをクリアした人と環境にやさしい品質になっています。

     

    OECD規格は、モデーアがわざわざ選定したテスト規格でもあります。他にも、生分解性テストを行っている規格は存在するのです。「ASTM(米国材料試験協会)規格」と呼ばれるもので、それもまた「世界的な生分解性の標準を決定し、企画とする」目的は同じもの。では、何故モデーアはOECD規格を選定したのでしょうか。それは、OCED規格の方が、より世界で採用されているからです。ディッシュウォッシュや、ファブリックソフナーと言った他の商品も、OECD規格をクリアしているようです。

     

    モデーアのランドリーデタージェントが厳しい企画をクリアできたのは、上述にもあった「生分解性」と、「安全性の高い排水」の2点です。排水が自然な水へ戻っていくときには、微生物の働きがあります。微生物によって分解され、ただの真水に戻るのです。つまり、とても小さな微生物に悪影響を齎さないような、とても繊細で優しい成分が使われているのです。次の「安全性の高い排水」の意味は、ランドリーデタージェントの混じったそのままの水の安全性を指します。なんと、排水をそのまま植物にかけたりしても、その生育を邪魔しません。生活排水による環境破壊を考えなくても良いのが、このランドリーデタージェントと言えるでしょう。

     

    使い心地についても様々な言及があります。まず、汚れを綺麗に落とせる事。そして、それほどの洗浄力でありながら、衣類の色落ちがあまり無いという事。そして、洗い上がりに良い香りがするという事。家庭用洗剤に求められるのは、やはり汚れを落とす事でしょう。特に、部活動などを行っているお子さんのいる家庭では、部活用の衣類は天敵。土汚れや皮脂汚れが付着し、手洗いしなければ落とせないようなものも。きちんとした洗浄力かつ、デザインを崩さないものが望ましいでしょう。また、ジャスミン配合で、洗い上がりから着る時まで良い香りがします。

    ヘルス&ウェルネス製品(健康食品)

    Health Wealth

    天然ミネラルを使用したミネラルソリューションズは普段失いがちな栄養素を手軽に補うことができる栄養補助飲料です。フルボ酸やアミノ酸などを豊富に含んだ健康食品であり現代の食生活をサポートしてくれます。毎日続けることで健やかな身体つくりを目指すことができます。合成着色料の不使用や自然のパワーを生かした成分といったこだわりが毎日続ける健康食品として人気の商品です。

     

    現代人の生活は、ストレスや環境汚染に取り巻かれています。その為、昔から私達が摂取していた栄養素を、過去の時代よりも消費してしまっているという説があるのです。また、農作物の内容も変わり、身体にとって有益な栄養素を取り辛い状態だとも言われています。特にミネラルは不足してしまっており、50年前と比較すると、なんと5割減しているというデータもあるそうです。その裏には、私達の食生活から「野菜」の含有率が減ってしまった事。そして、現代の大量生産農耕では、土壌から十分な栄養を野菜が貰い切れていないのではないかとも言われているのです。ミネラルソリューションズは、そうしたミネラルを手軽に補給できることから喜ばれています。

     

    ミネラルとは何かと言うと、「元々自然界に存在する鉱物」の事を指します。私達が普段家具で触れることも多い鉄や、骨に含まれていることで有名なカルシウム。にがりに含まれているというマグネシウムや、身体によい事で知られる亜鉛などは、全てミネラルに分類されているのです。「鉱物」というと硬いイメージがありますが、私達の体にも例外なく含まれていて、身体の大切な部分の働きを担っています。その為に、ミネラル不足は見過ごせない問題なのです。

     

    こちらは、生活に取り入れるのが非常に簡単、という意味でも、人気を得ているようです。モデーアのミネラルソリューションズは「飲料」で、しかも持ち運びやすい形状のドリンクタイプ。通勤カバンや通学カバンに入れておいて、その途中でさっと飲む事も出来ます。飲む量も、1日15mlから30mlほどで良いので、気持ちもラクに楽しく飲めます。カスタマーレビューでは、これから重労働や大変な作業があるときに飲んで備える、肌荒れの時に飲んでいる、という人も多いようです。

    パーソナルケア製品

    (化粧品・シャンプー類)

     

    Personal care

    モデーアのパーソナルケアでは身体と肌が喜び、健康的な美しさや清潔感を得ることができる製品が揃っています。パラベンや鉱物油などを使用せず安全と安心の中で生み出されたラインナップは心地よい感触と香りに包まれます。界面活性剤を使用していないWバスエッセンスはまるで美容液のような体感がある入浴剤です。

     

    モデーアのWバスエッセンスの使い心地の良さの秘密は、それだけではありません。天然の美容成分フラバンジェノール、ヒアルロン酸、ローズマリーエキス。加水分解コラーゲンやエモリアント成分など、お肌に優しい成分が豊富に含まれています。しかもこれに加えて、特別な技術も使われているのです。神奈川大学が開発した独自の特許技術、「三相乳化技術」によって瑞々しい保護ヴェールが生まれ、これによって肌コンディションを高い状態で維持。お肌の水分を乾燥から守ります。使い方も簡単で、お風呂に張られたたっぷりのお湯に、適量のWバスエッセンスを入れて混ぜるだけ。疲れて帰宅した後の入浴も、このエッセンスによって10秒足らずでワンランク上の入浴体験へ。

     

    入浴した方は、まず初めにその肌触りに驚き、その次に驚くものがあると言います。それは「香り」。モデーアWバスエッセンスは、ラヴェンダーのような清涼感のある香草感。薔薇の花のような優しい香り。これらが混じり合って織り成す、「ハーブ・フローラル」が、浴室を満たすのです。アロマテラピーという言葉もある通り、人は良い香りに包まれるとリラックスする性質があるとも言われています。滑らかな肌触りと、良い香り空間が、入浴者の疲れを癒してくれます。