Return to site

価格 Price

ガイドラインに沿った高品質な製品づくり

私たちが日頃何気なく使っている洗顔料やシャンプー、洗剤の中には医師や化学者が疑いを持つような成分が含まれている場合もあります。そうした成分に対してモデーアでは第三者委員会を設け成分ガイドラインを定めています。価格が少々高く設定されているのは安心で安全かつ高品質な製品を製造している為です。

例えば、化学的な化合によって作られた「表面活性剤」等は、汚れを落とす「洗浄力」をあげてくれます。その為に、従来のシャンプーに多く使用されてきましたという歴史があります。勿論、直ちに肌に影響があるようなものはありません。ただ、コストが安く良く使用されている一部の表面活性剤の中には、頭皮の脂を奪い過ぎてしまう、頭皮を乾燥させてしまうというようなデメリットがあるものも存在するのです。

健康な肌ならば問題無いと言われているようですが、それでもデリケートな髪の毛の事を考えると、天然由来の優しい成分を使いたいですよね。そういった利用者目線での優しい素材選択などが、高価だが品質の高い商品を生み出していったのです。

また、気を使っているのは内部だけではありません。パッケージに関しても、健康を害するようなものは使わないようにしています。そのため、リスクがあるとも考えられている化学的な物質や、ビスフェノールA。こういったものを、製品を梱包するパッケージ素材に使用していないのです。

ビスフェノールAは、厚生労働省でもヒトへの悪影響を懸念し、容器に使うとしても「ここまで」という、厳密な使用制限規格が設けられています。また、昨今では制限以下の量が使用されていても、動物の子供に影響が出たと言う報告もあるそうです。欧米ではヒトにも影響があるのではないか、と再調査が進められています。妊娠している方、乳幼児は出来るだけ摂取しない方が良いと言う見解は、日本でも同じです。そのため、最初から使用されていないパッケージが望ましいのは、言うまでもない事ではないでしょうか。

廃棄によって環境問題や、健康問題になっている化学的なパッケージもあるそうです。そうした問題を避けられるのなら、多少コストがかかってしまうのも致し方ないという事でしょう。

EWGと呼ばれる米国の非営利組織から、日本成人病予防協会まで。様々な組織から認められた製品が、モデーアには多数存在します。厳しい基準を満たした製品でなければ、その認証を得ることは出来ません。高い品質を生み出すためには、沢山の時間をかけて開発するしかないのです。その結果、値段が少々高価になりました。然し、そういった品質の割には寧ろ値段は高く感じない、という声も。

モデーアが流通ルートの見直し等で企業努力を重ねた結果、モデーアの製品は一般家庭でも毎日使う事が出来る程度の価格を実現したのです。

モデーア製品の値段を見てみましょう。例えば、毎日使うもの。食器用洗剤である「モデーア ディッシュォッシュ」ですが、こちらは480ml入りで1123円です。確かに一般の洗剤と比べると高く感じるかもしれません。ただ、こちらの製品も、モデーアの安全性や使い勝手へのこだわりが光る商品です。こちらはかなり高い「生分解性」を持つとOECDテストで証明されています。肌にも優しく、排水が出たとしても環境への悪影響が限りなく抑えられているようです。

毎日の食器洗いがあるからこそ、荒れやすい手肌に配慮した洗剤は必要かもしれません。また、モデーアはお友達紹介、あるいはキャンペーンを通して商品が安くなり、マイレージポイントも溜まる為、そういったものを賢く利用してよりお得な買い物をする事も出来ます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly